アジア街道各駅停車 イラン編/NO.4

−−パキスタンとイランのトイレ事情−−

インド、パキスタンあたりでは男も立って小便をしない。外で用を足す時も、道ばたにしゃがみ、クルタと呼ばれるだぶだぶのズボンからそれをうまく取り出して用を足す。立ち小便ならずしゃがみ小便だ。

一度、パキスタンの映画館の休憩時間にトイレに行くと、普通の男性用の便器が並んでいるのだが、なんと男たちはその足下にしゃがみ込んで壁に向かってやっているではないか。僕の順番が回ってきて躊躇した。立って正しい方法でしようとすると、便器のすぐ横に隣のおっさんの顔がある。まさに、しぶきのかかりそうな距離である。かといって同じようにしゃがんでやるわけにもいかず、結局少しすくのを待ってすませた。

これがイランへいくと、男は大抵ジーンズかスラックスをはいているので、パキスタンのように道ばたでしゃがみ小便をすることができない。従って、男も小便でも必ず個室を使う。
バスで旅をしていると、休憩時間には男性トイレの前に長蛇の列ができる。バスに乗っている客は男の方が圧倒的に多い為だが、日本の公園などのトイレの光景を見慣れている僕には不思議に思えた。
建物の裏に回れば周りは砂漠でだれも見ていない。僕の目には立ち小便し放題に見えるのだが、だれもそのようなことをしようとはせず、じっと順番を待っている。
だれか大でも始めたら大変だろうななどと心配しながら、裏で済ますと、それは砂漠の砂の中に一瞬にして飲み込まれていった。ここでは、これは本当に行儀の悪いことなんだろうな。ごめんなさい。

NEXT


アジア街道各駅停車